学会誌・論文誌

学会誌「システム/制御/情報」

会誌「システム/制御/情報」では、会員の方々のニーズに即した内容の記事を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における国内外の学術・技術に関わる解説記事を始め、学会、研究、国際会議の諸活動、書評、さらにはアイサイ問答などシステム制御情報ならではの記事を企画しています。本会誌では、とりわけ特集号(もしくは総合特集号)に注力し、毎年8回程度の頻度で企画・編纂しています。そのときどきのテーマにふさわしい解説記事を集中して掲載しています。

会誌内容は、発刊後一定の未公開期間(6ヶ月)ののち、国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) のJ-STAGEにて電子アーカイブを無料公開しております。以前CiNiiで公開していた第41巻10号(1997年)~第60巻3号(2016年)についても併せてJ-STAGEにて公開しております。

最新号目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第11号

解説

多様な組合せを求めるためのアルゴリズム論的アプローチ
小林 靖明
周期/非周期分離フィルタによるモーションコントロール
村松 久圭
安全なサービスロボットの普及に向けた取組み紹介
山内 弘貴・阿部 伸也
UAV空中基地局ネットワークの自律分散型配置法
木村 達明・小蔵 正輝
リハビリテーションにおける運動主体感向上のためのシステム・制御系設計
中谷 真太朗

アイ・サイ問答教室

メタバースのインパクト
阿倍 博信・徳永 雄一

国際会議の報告

2022 International Symposium on Flexible Automation (ISFA2022 in Yokohama) に参加して
國領 大介

学会活動

第66回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’22)開催報告
林 和則

第66巻 第10号 目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第10号
「産業応用におけるメカトロニクスと機械学習の融合」特集号

総説

メカトロニクスとAI・機械学習との融合の最新動向と今後への期待
三嶋 英俊

解説

AI画像認識を用いた溶接自動化の取組み
岡本 陽
ロボットシステムSuccessor®を用いた組立作業の自動化におけるAI利用技術
蓮沼 仁志・掃部 雅幸
ディープラーニングを活用した自動車空力の予測モデル開発
赤坂 啓
機械学習を用いた油圧ショベルの作業判別機能の構築
小岩井 一茂・山下 耕治・平岡 京・山本 透

編集後記

「産業応用におけるメカトロニクスと機械学習の融合」特集号を企画して
江口 徹

講座

柔軟素材を用いたIoT システムの基礎と応用—V—柔軟素材の回路システムのノイズ対策:スマートウェアにおけるモーションアーティファクト対策を例として
竹下 俊弘

第66巻 第9号 目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第9号
「確率統計でもっと楽しくなるシステム制御」特集号

編集前記

「確率統計でもっと楽しくなるシステム制御」特集号を企画して
加嶋 健司

解説

プライバシー保護と不可観測性
河野 佑・加嶋 健司
バクテリア化学走性と確率最適制御
中村 絢斗・小林 徹也
隠れマルコフモデルの実現問題とテンソル分解
太田 快人・鄭 曼
Data-Driven Supervisory Control of Discrete-Event Systems
Kai Cai
偏微分作用素環上の数式処理を用いた逐次ベイズ推定
庵 智幸

書評

リザバーコンピューティング(田中剛平,中根了昌,廣瀬明著/森北出版)
谷口 隆晴

第66巻 第8号 目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第8号
「モデルベースシステムズエンジニアリング」特集号

編集前記

「モデルベースシステムズエンジニアリング」特集号を企画して
関 雄樹

解説

アーキテクチャのデザインによる産業競争力強化の提言
齊藤 裕
システムズエンジニアリング概要と今後の発展
白坂 成功
Incorporating MBSE Across a PLM managed Digital Thread—Three Real Life Use Cases
Paweł Z. Chądzyński
舶用ハイブリッド推進システム開発におけるシステムズ・エンジニアリングの実践適用
德山 和馬
小型実証衛星シリーズを用いたMBSE 適用の段階的実証戦略とその成果
和田 篤始・筒井 雄樹・小松 雄高・岩田 隆敬

講座

柔軟素材を用いたIoT システムの基礎と応用—IV—センサ印刷技術を用いた計測ウェアとIoT型見守りシステムの構築:プリンテッドエレクトロニクスを用いた人センシング応用
安在 絵美・才脇 直樹

第66巻 第7号 目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第7号
「文化財と情報技術」特集号

巻頭言

第66期会長就任にあたり
太田 快人

解説

石器計測に特化した3次元計測装置開発と石器接合処理自動化
今野 晃市・千葉 史・横山 真
AIくずし字認識—データセットからアプリまでの歩み
カラーヌワットタリン・北本 朝展
灯明の炎と金箔の反射を再現する「VR源氏物語図屏風」の美術展示作品としての価値創造に関する考察
小長谷明彦・津野 駿幸・稲本万里子
博物館展示とデジタルコンテンツ
鈴木 卓治・平山 亮
不可視な歴史・文化をxRで可視化して地域・社会資源に
津村 宏臣・鎌倉 快之

編集後記

「文化財と情報技術」特集号を企画して
小谷 直樹

書評

機械学習のための関数解析入門– ヒルベルト空間とカーネル法(瀬戸道生・伊吹竜也・畑中健志著/内田老鶴圃)
森 耕平

分科会報告

サイバーフィジカル・フレキシブル・オートメーション(CyFA)研究分科会2021年度活動報告
西 竜志・劉 子昂

会報

第66巻 第6号 目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第6号
「授業ではできない・難しいを可能にする企業連携型教育」特集号

編集前記

「授業ではできない・難しいを可能にする企業連携型教育」特集号を企画して
上 泰

解説

企業と連携した制御技術教育事業—泊まり込み形式による事業とその効果
上 泰・山之内 亘・三谷 祐一朗
KOSEN学生とIT業界の共同教育プログラムの実践と教育効果
都築 啓太・平田 克己・倉山 めぐみ・村上 秀樹
AIを扱える高校生を育成する「やまがたAI部」のご紹介
野澤 道直
産学共同デザインシンキング
寺上 大輔
地域DX推進と人財育成に向けた包括連携に基づく教育実践
江崎 修央・中川 弘之・吉原 貴仁

講座

柔軟素材を用いたIoTシステムの基礎と応用—III—スマート衣服を活用した職場のヘルスケア・デジタルトランスフォーメーション
清野 健

書評

多変数の制御・解析・最適化に使える行列論(浅井徹著/コロナ社)
藤崎 泰正

第66巻 第5号 目次

「システム/制御/情報」 第66巻 第5号
「AIによる品質管理とAIの品質保証」特集号

解説

品質管理へのAI活用の現状と展望—外観検査・棚卸しの自動化を例に
炭谷 翔悟・西田 陽良・原田 俊太
機械学習を中心としたAI活用によるソフトウエアの品質保証
鷲崎 弘宜
AI品質保証に向けたQA4AIガイドラインの取り組み
石川 冬樹・小川 秀人・西 康晴
プラントにおける機械学習活用の課題と予測の次の技術—アトリビューション分析と因果探索を中心に
泉谷 知範・島田 健一郎
自動車業界における機械学習システムの品質確保の事例
桑島 洋・平田 雄一・中江 俊博

編集後記

「AIによる品質管理とAIの品質保証」特集号を企画して
楠川 恵津子

研究活動紹介

科研・学術変革領域研究(A)「革新的アルゴリズム基盤」(AFSAプロジェクト)の概要と近況について
湊 真一

システム制御情報学会論文誌

会員の皆様の研究、開発の成果を公表する場として、毎月5篇前後の論文と、数篇の研究速報を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における会員の新しい研究、開発の結果をまとめたもので、学術上または産業上の発展に寄与するものや、学術上・技術上の研究結果を速やかに報告するものを広く受け付け、査読者の御意見に従って採録、不採録を決定しています。

通常号、特集号を問わず、論文・研究速報の投稿は、投稿審査システムにて随時受け付けています。

直近一年間の統計では、論文の投稿から採録・不採録の決定までに平均して4ヶ月強、また投稿から掲載に至るまでおおよそ10ヶ月を要しています(研究速報についてはこれよりかなり速くなります)。ただし、論文特集号や総合特集号では、特定のテーマの論文を集めますので、掲載までの期間が少し変わります。

なお、1988年(第1巻1号)から現在までの論文誌は科学技術振興機構(JST)の J-STAGE にて電子アーカイブ化・電子公開されています。ただし、論文誌刊行後3ヶ月は非公開です。

最新号目次

「システム制御情報学会論文誌」 第35巻 第11号

論文

可展面の局所修正設計に関する研究
吉田 皓太郎・若松 栄史・岩田 剛治・久保 貴裕
ガウス過程回帰を用いた不確かさの学習による確率的線形モデル予測制御
芦田 樹・市原 裕之
Finite-time Consensus of Multi-agent Systems via Time-based Event-triggered Control
Ziyang Cheng, Sheng Cao, Changqin Quan, Kohei Mori and Zhiwei Luo

第35巻 第10号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第35巻 第10号

論文

不確実な需要をもつサプライチェーンにおける管理者のリスク態度を考慮した利益の最大化—フラクタイルモデルアプローチ
西﨑 一郎・林田 智弘・関﨑 真也・佃 圭悟
ブロードキャストゴシップアルゴリズムに基づく非同期分散協調全状態オブザーバの収束性解析
田中 孝弥・和田 孝之・藤崎 泰正

第35巻 第9号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第35巻 第9号

論文

屋外におけるスライディングモード制御を用いた小型ドローンの自律飛行制御
小野山 博之・中西 喬希・内田 達也・深尾 隆則
ストレス識別のためのウェアラブルセンサで計測可能な生体信号の評価
若林 直哉・島川 博光・原田 史子
有限状態機械を用いたロボット義足のための膝折れ防止システムの開発
勝村 一優・大林 宗矢・矢野 賢一・浜田 篤至・鳥井 勝彦

第35巻 第8号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第35巻 第8号

論文

Min-Max 型約定問題に対する局所探索法
孫 綺蔚・宮本 俊幸・北村 聖一・松岡 綾子・内藤 健人・森 一之・泉井 良夫
On Distributed Event-triggered Controller with Aperiodic Event Detection for Finite-time Consensus of Multi-agent Systems
Ziyang Cheng, Changqin Quan, Kohei Mori, Sheng Cao and Zhiwei Luo

論文誌掲載料金

本学会で定める TeX スタイルファイルを用いた場合、掲載料が割引されます。

※カラー印刷を必要とする場合には1ページあたり 20,000円(消費税別)が加算されます。

論文掲載料金表
原稿種別 刷り上がりページ数 掲載料(消費税別)
TeX原稿 非TeX原稿
研究速報 3 ページ以内 40,000円 55,000円
論文 6 ページ以内 70,000円 90,000円
7 ページ 90,000円 115,000円
8 ページ 115,000円 145,000円
9 ページ 145,000円 180,000円
10 ページ 180,000円 220,000円
以降 1 ページ毎 40,000円 45,000円

転載許可の申請について

会誌、論文誌および論文集等に掲載される記事、論文等に関する著作権は、原則として本会に帰属します。

転載をご希望の際は、下記の申請書にご記入の上、事務局までご送付ください。

寄稿・投稿に際して

原稿投稿にあたっては、下記の寄稿投稿規程執筆要項ならびに各手引きをご参照ください。

こちらからまとめてダウンロードすることもできます。また、事務局へご連絡いただいても、投稿、寄稿に必要な書類をお送りします。

学会誌 論文誌
寄稿・投稿の手引き
システム制御情報学会 寄稿投稿規程
システム制御情報学会 執筆要項
TeX 原稿スタイルファイルの使い方
TeX 原稿スタイルファイル(EUC, tar + gzip)
TeX 原稿スタイルファイル(SJIS, zip)
Word 原稿テンプレート
標準表記法(概略版: 5ページ)
標準表記法(詳細版: 20ページ)
人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書
講演論文等をもとにした投稿論文の取り扱い方針
ISCIE Policy on overlapping conference/journal submissions

人を対象とする研究†の論文投稿について

システム・制御・情報に関わる分野において、安心かつ安全な高度産業システム及び社会システムを探求するためには、人を対象とした広範多岐にわたる実証的研究の展開がますます重要となります。人を対象とする研究では、安全確保、人権保護、研究の透明性ならびに研究への社会的合意の確保などの倫理的な対応が必要とされます。

つきましては、ISCIE論文誌への投稿に際し、署名済みの『人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書』に必要事項をご記入の上、論文投稿時に添付するか、郵送・FAX・PDF等で事務局までお送りください。投稿論文一式とこの確認書が揃った時点を、論文受付日とします。

†「人を対象とする研究」とは、人または人由来の材料を対象とし、個人または集団から研究対象者の行動および心身等に関するデータ等を収集して行われる研究をいう。ここでの研究対象者とは、研究を実施される者、または研究に用いられる情報・既存試料を取得された者(いずれも死者を含む)をいう。

トップに戻る