学会誌・論文誌

学会誌「システム/制御/情報」

会誌「システム/制御/情報」では、会員の方々のニーズに即した内容の記事を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における国内外の学術・技術に関わる解説記事を始め、学会、研究、国際会議の諸活動、書評、さらにはアイサイ問答などシステム制御情報ならではの記事を企画しています。本会誌では、とりわけ特集号(もしくは総合特集号)に注力し、毎年8回程度の頻度で企画・編纂しています。そのときどきのテーマにふさわしい解説記事を集中して掲載しています。

また、第60巻4号(2016年)以降を 国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) のJ-STAGEにて電子アーカイブを無料公開しております。最新分に関しては、会誌発刊後、一定の未公開期間(6ヶ月)を設けた上で公開しています。以前 CiNiiで公開していた第41巻10号(1997年)~第60巻3号(2016年)については現在移行作業中です。

最新号目次

「システム/制御/情報」 第63巻 第2号
「プライバシー保護データマイニング」特集号

総説

プライバシー保護データマイニング
高橋 克巳

解説

プライバシー保護データ流通のための匿名化手法
小栗 秀暢
差分プライバシーとは何か
寺田 雅之
準同型暗号を用いた秘密計算とその応用
林 卓也
秘密分散法を用いた秘密計算
大原 一真
プライバシー保護データマイニングの個人情報保護法制上の位置付け
板倉 陽一郎

編集後記

「プライバシー保護データマイニング」特集号を企画して
小澤 誠一

講座

コミュニケーション場のメカニズムデザイン—人を含めたシステム設計論と未来の対話空間に向けて—I

コミュニケーション場のメカニズムと対話空間
谷口 忠大

第63巻 第1号 目次

「システム/制御/情報」 第63巻 第1号
「AI時代における地域での観光情報サービス開発とその課題」特集号

巻頭言

新年のご挨拶
松野 文俊

解 説

地域におけるスマートツーリズム開発—観光情報サービス,データ連携,サービスポートフォリオ
笠原 秀一
Twitterデータを活用した訪日外国人の観光行動分析の実現について
加藤 大受・石川 博
ソーシャルビッグデータを用いたホットスポットの分析と観光への応用
廣田 雅春
携帯位置情報の読み解き—観光資源を発掘せよ,観光移動需要を察知せよ,観光モードを判別せよ
相 尚寿
ロボットと人の協働によるインバウンド訪日旅行者対応—羽田空港の実証実験より
今井 大介
観光の分散化と個人化の実現に向けたユーザ生成コンテンツの分析と利活用技術について
馬 強

編集後記

「AI時代における地域での観光情報サービス開発とその課題」特集号を企画して
森村 吉貴

第62巻 第12号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第12号
「生物を測る・生物で測る」総合特集号

解説

動物搭載型記録計を用いた大気海洋境界層モニタリングとデータ同化への応用
佐藤 克文
ミツバチコロニーにおける巣内行動観察システムとコミュニケーション行動の検出
高橋 伸弥・藍 浩之
線虫の嗅覚による早期がんの検出法N-NOSE
海渕 覚・廣津 崇亮
地中レーダを用いた樹木根の非破壊検出と根系構造推定
平野 恭弘
小型魚類の呼吸と運動を測る—水質と情動状態のモニタリングを目指して
曽 智・辻 敏夫
酪農におけるセンシングシステムの構築とその応用
大倉 史生・八木 康史・槇原 靖・村松 大吾

編集後記

「生物を測る・生物で測る」総合特集号を企画して
礒川 悌次郎・池野 英利

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—VI—fMRIによる計測と解析方法
田中 慶太

第62巻 第11号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第11号
「海外を拠点とした制御理論研究者のあれこれ」特集号

解説

Caltech で学んだ異分野融合研究のたのしみ
堀 豊
フェイルセーフな海外研究生活
小蔵 正輝
国内博士の海外ポスドク
河野 佑
Life-Changing Experience: My Four Years in Toronto's Systems Control Group
Kai Cai
イギリス,アメリカ,そしてスウェーデンへ
山本 薫
JSPS 海外特別研究員としてのUCSB 滞在
岡野 訓尚

編集後記

特集号「海外を拠点とした制御理論研究者のあれこれ」を企画して
橋本 智昭

研究活動紹介

摂南大学理工学部機械工学科知的システム研究室における研究活動
諏訪 晴彦

第62巻 第10号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第10号
「ガウス過程回帰の基礎から応用」特集号

編集前記

特集号「ガウス過程回帰の基礎から応用」を企画して
佐藤 訓志

解説

ガウス過程回帰の基礎
赤穂 昭太郎
再生核ヒルベルト空間の理論によるガウス過程回帰の汎化誤差解析
鈴木 大慈
逐次ガウス過程回帰を用いたロバスト推定とその応用
山北 昌毅・大山 博之
ガウス過程回帰に基づくリスク鋭敏型フィルタ
福永 修一
ガウス過程回帰を用いたフィードバック制御則の設計
伊藤 優司・藤本 健治
外骨格ロボットに搭載された空圧人工筋の協調同定—ガウス過程に基づく能動学習のアプローチ
濱屋 政志・松原 崇充・森本 淳
ガウス過程回帰を用いた多目的最適化とロボット制御への応用
有泉 亮

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—V—NIRS 信号の処理と解析
松田 康宏・小野 弓絵

第62巻 第9号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第9号

解説

パラメータ励振の原理に基づく歩行生成法とその高効率化
原田 祐志・田地 宏一
多目的最適化問題に対する降下法—単一目的最適化アルゴリズムの拡張
福田 エレン 秀美
ペトリネット表現による整数計画問題の解析と応用
西 竜志
アトピー性皮膚炎の発症および悪化メカニズムの数理モデル解析—オーダーメイド治療法提案に向けて
田中 玲子
重力波の直接検出とデータ解析
真貝 寿明
食品の画像認識システム—パンの画像認識レジの開発と展開
森本 雅和

研究活動紹介

兵庫県立大学先端医工学研究センター
小橋 昌司

アイ・サイ問答教室

ビヘイビアアプローチに基づくシステム制御って?
小島 千昭

学会活動

研究発表講演会SCI'18 開催報告
加納 学

第62巻 第8号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第8号
「製造業におけるビッグデータ活用—現状分析と将来展望」特集号

総説

プロセス産業におけるデータ活用
加納 学

解説

確率推論を用いた石油精製プロセスにおける事故の予兆分析とリスクアセスメントシステム
北村 章・片田 直伸
鉄鋼製品の品質管理へのデータサイエンス適用とデータサイエンティスト育成
茂森 弘靖
ビッグデータを活用したAIごみ焼却炉運転支援システム
藤吉 誠
建設機械稼働データを活用した稼働状況の見える化と顧客価値の創造
高村 藤寿・西澤 泉
世界の製造業におけるデータ活用のベストプラクティス—IoT・AI を活用しデジタルトランスフォーメーションへ
金井 啓一

編集後記

「製造業におけるビッグデータ活用—現状分析と将来展望」を企画して
岩谷 敏治

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—IV—筋電図・眼電図の計測,処理と解析
小野 弓絵

システム制御情報学会論文誌

会員の皆様の研究、開発の成果を公表する場として、毎月5篇前後の論文と、数篇の研究速報を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における会員の新しい研究、開発の結果をまとめたもので、学術上または産業上の発展に寄与するものや、学術上・技術上の研究結果を速やかに報告するものを広く受け付け、査読者の御意見に従って採録、不採録を決定しています。

通常号、特集号を問わず、論文・研究速報の投稿は、投稿審査システムにて随時受け付けています。

直近一年間の統計では、論文の投稿から採録・不採録の決定までに平均して4ヶ月強、また投稿から掲載に至るまでおおよそ10ヶ月を要しています(研究速報についてはこれよりかなり速くなります)。ただし、論文特集号や総合特集号では、特定のテーマの論文を集めますので、掲載までの期間が少し変わります。

なお、1988年(第1巻1号)から現在までの論文誌は科学技術振興機構(JST)の J-STAGE にて電子アーカイブ化・電子公開されています。ただし、論文誌刊行後3ヶ月は非公開です。

最新号目次

「システム制御情報学会論文誌」 第32巻 第2号
「第49回ストカスティックシステムシンポジウム論文」特集号—II

特集論文

H∞ State Estimation for Linear Continuous-Time Systems Driven by Wiener and Poisson Processes—Variational Approach
Gou Nakura
PDS Based Bilateral Control System of Flexible Master-Slave Arms with Random Delay Considering Contact with Obstacle
Masaharu Yagi, Genki Idei and Yuichi Sawada
Stochastic Consensus over Multi-Channel Network of MIMO Liner Symmetric Agents
Kenta Hanada, Takayuki Wada, Izumi Masubuchi, Toru Asai and Yasumasa Fujisaki
Event Related Hemodynamics and Potentials evoked by Visual Attention Task
Kanako Mikami and Kunihiko Oura

一般論文

賃金構造基本統計調査に基づく合成人口の労働者への就業属性別の所得の割当て
杉浦 翔・村田 忠彦・原田 拓弥
強化学習の概念を導入したメタヒューリスティック法による組合せ最適化
中島 裕貴・飯間 等

第32巻 第1号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第32巻 第1号
「第49回ストカスティックシステムシンポジウム論文」特集号—I

特集論文

Stability Analyses of the Stochastic Delayed Infectious Models with Reinfection
Masaaki Ishikawa
PDS Based Bilateral Control System of Flexible Master-Slave Arms with Random Delay Considering Contact with Obstacle
Masaharu Yagi, Genki Idei and Yuichi Sawada
Development of a Non-Contact Nurse Call System by Image Processing of Eye Movement
Takenao Sugi, Masaya Minoda, Yoshitaka Matsuda, Satoru Goto, Naruto Egashira, Ayame Oishi and Takao Yamasaki
Water Level Control of After Condenser in a Spray Flash Desalination System Using Stochastic Process
Yoshitaka Matsuda, Yoshihiro Eishima, Satoru Goto, Takenao Sugi, Takafumi Morisaki, Takeshi Yasunaga and Yasuyuki Ikegami
Left-right Polynomial Matrix Factorization for MIMO Pole/Zero Cancellation with Application to FEL
Kenji Sugimoto and Wataru Imahayashi
Estimation of the Posture of Mobile Depth Sensor for Detecting the Ground and Walls in Terms of Initial Values
Masahiro Tanaka

第31巻 第12号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第31巻 第12号
「生物を測る・生物で測る」総合特集号

特集論文

多点計測投票法による時系列顔画像からの短時間R-R間隔推定
鵜飼 和歳・ラシェドゥーラ・ラーマン・小橋 昌司
スマートフォンを用いた涙液量の日内変動の測定
岡崎 善朗・巖淵 守・武長 龍樹・三宅 琢・大久保 俊之・横井 則彦
Fluorescent Staining for Detecting Larvae of the Japanese Scallops Mizuhopecten Yessoensis
Koichiro Enomoto, Masashi Toda, Yohei Shimizu and Yasuhiro Kuwahara
3次元四脚モデルを用いたPace およびTrot歩容の動力学解析
安達 真永・上村 知也・松野 文俊
マルコフチェインモデルとSupport Vector Machineを用いた猿のハイブリッド型出現予測
中井 一文・江崎 修央・杉浦 彰彦

第31巻 第11号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第31巻 第11号

論文

比例積分補償器の出力を時変係数とする定常発振制御系の安定性解析
小林 泰秀
制御システムを個性化するための制御系設計
岡島 寛・川脇 治

研究速報

吊台上のメトロノームの同期現象—モデルパラメータの同定と実験検証
泉 晋作・鴻上 凌也・忻 欣・山崎 大河

論文誌掲載料金

本学会で定める TeX スタイルファイルを用いた場合、掲載料が割引されます。

※カラー印刷を必要とする場合には1ページあたり 20,000円(消費税別)が加算されます。

論文掲載料金表
原稿種別 刷り上がりページ数 掲載料(消費税別)
TeX原稿 非TeX原稿
研究速報 3 ページ以内 40,000円 55,000円
論文 6 ページ以内 70,000円 90,000円
7 ページ 90,000円 115,000円
8 ページ 115,000円 145,000円
9 ページ 145,000円 180,000円
10 ページ 180,000円 220,000円
以降 1 ページ毎 40,000円 45,000円

転載許可の申請について

会誌、論文誌および論文集等に掲載される記事、論文等に関する著作権は、原則として本会に帰属します。

転載をご希望の際は、下記の申請書にご記入の上、事務局までご送付ください。

寄稿・投稿に際して

原稿投稿にあたっては、下記の寄稿投稿規程執筆要項ならびに各手引きをご参照ください。

こちらからまとめてダウンロードすることもできます。また、事務局へご連絡いただいても、投稿、寄稿に必要な書類をお送りします。

学会誌 論文誌
寄稿・投稿の手引き
システム制御情報学会 寄稿投稿規程
システム制御情報学会 執筆要項
TeX 原稿スタイルファイルの使い方
TeX 原稿スタイルファイル(EUC, tar + gzip)
TeX 原稿スタイルファイル(SJIS, zip)
Word 原稿テンプレート
標準表記法(概略版: 5ページ)
標準表記法(詳細版: 20ページ)
講演論文等をもとにした投稿論文の取り扱い方針
ISCIE Policy on overlapping conference/journal submissions
人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書

人を対象とする研究†の論文投稿について

システム・制御・情報に関わる分野において、安心かつ安全な高度産業システム及び社会システムを探求するためには、人を対象とした広範多岐にわたる実証的研究の展開がますます重要となります。人を対象とする研究では、安全確保、人権保護、研究の透明性ならびに研究への社会的合意の確保などの倫理的な対応が必要とされます。

つきましては、ISCIE論文誌への投稿に際し、署名済みの『人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書』に必要事項をご記入の上、論文投稿時に添付するか、郵送・FAX・PDF等で事務局までお送りください。投稿論文一式とこの確認書が揃った時点を、論文受付日とします。

†「人を対象とする研究」とは、人または人由来の材料を対象とし、個人または集団から研究対象者の行動および心身等に関するデータ等を収集して行われる研究をいう。ここでの研究対象者とは、研究を実施される者、または研究に用いられる情報・既存試料を取得された者(いずれも死者を含む)をいう。

トップに戻る