学会誌・論文誌

学会誌「システム/制御/情報」

会誌「システム/制御/情報」では、会員の方々のニーズに即した内容の記事を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における国内外の学術・技術に関わる解説記事を始め、学会、研究、国際会議の諸活動、書評、さらにはアイサイ問答などシステム制御情報ならではの記事を企画しています。本会誌では、とりわけ特集号(もしくは総合特集号)に注力し、毎年8回程度の頻度で企画・編纂しています。そのときどきのテーマにふさわしい解説記事を集中して掲載しています。

会誌内容は、発刊後一定の未公開期間(6ヶ月)ののち、国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) のJ-STAGEにて電子アーカイブを無料公開しております。以前CiNiiで公開していた第41巻10号(1997年)~第60巻3号(2016年)についても併せてJ-STAGEにて公開しております。

最新号目次

「システム/制御/情報」 第68巻 第5号
「IoTとセキュリティ」特集号

解説

IoT時代のセキュリティ
神余 浩夫
IoT製品におけるSBOM利活用の紹介
粕谷 桃伽・森田 伸義・山﨑 裕紀・萱島 信
信頼できるIoTデバイスのためのRoot of TrustとHardware Security Module技術
中井 綱人・三澤 学
IoTデバイスにおけるTEE (Trusted Execution Environment) の実装
須崎 有康
ゼロトラストIoTのためのシステムソフトウエア研究
竹房 あつ子

編集後記

「IoTとセキュリティ」特集号を企画して
瀧本 栄二

研究活動紹介

時間・場所・体力に捉われない労働環境の実現に向けた遠隔操作技術の研究
徳永 雄一

国際会議の報告

The 32nd IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN) に参加して
萩原 良信

書評

機械学習のための関数解析入門 カーネル法実践:学習から制御まで(伊吹竜也,山内淳矢,畑中健志,瀬戸道生共著/内田老鶴圃)
藤本 悠介

第68巻 第4号 目次

「システム/制御/情報」 第68巻 第4号

解説

勾配情報を用いたデータ駆動型受動性推定
種村 昌也・東 俊一
感覚—運動介入システムによって紐解く昆虫の適応行動
志垣 俊介・安藤 規泰
インフラ点検の効率化に向けたSfMの活用
徳永 雄一
自然計算パラダイム—自然から学ぶ情報処理の世界
横森 貴
装置状態監視における変動モード分類法の実用化
奥村 亮祐・山田 隆章・宮本 泰地

講座

基礎から一歩進んだ深層学習トピックス—II—GANの基礎・発展・応用
金子 卓弘

研究活動紹介

オムロンR&D 新たなロボット開発への挑戦
川上 真司

書評

ディープラーニング 学習する機械(Yann LeCun 著 松尾豊・監訳 小川浩一・訳/講談社)
近藤 一晃

第68巻 第3号 目次

「システム/制御/情報」 第68巻 第3号
「制御理論研究者のための実機実験入門」特集号

編集前記

「制御理論研究者のための実機実験入門」を企画して
森田 亮介

解説

LEGO部品とArduinoを利用した「倒立振子」の開発レシピ—やっぱりモノを動かしてみたいでしょ!
川田 昌克
MATLAB/Simulink + dSPACEによる高速センサフュージョンロボットシステム
川上 真司・阿部 将佳
MATLAB・Simulinkとのシームレスな連携を実現する制御プロトタイピング環境
新井 克明
ROS 2による制御則実装までの道程
木村 駿介・西本 昂樹
Re: C#でゼロから始める疑似リアルタイム制御
中村 文一

研究活動紹介

気付けばしあわせ不便の益 ~不便益システム研究所~
川上 浩司

アイ・サイ問答教室

アルゴリズムと非決定性—NPって何?
横森 貴

第68巻 第2号 目次

「システム/制御/情報」 第68巻 第2号
「リモートオペレーションの現在地点」特集号

編集前記

「リモートオペレーションの現在地点」特集号を企画して
江口 徹

解説

インフラのデジタルツインを実現するi-Con Walker技術
山崎 文敬
廃棄物処理施設の遠隔支援と自動運転技術
小嶋 浩史
手術支援ロボットhinotoriと遠隔手術への取り組み
北辻 博明・大橋 政尚
無人搬送ロボットの省人運用を実現する遠隔管制ソリューション
穴吹 元嗣・新井 稔也・本田 義雅
メタバース等を用いた新規遠隔学生実験の構築
平谷 雄二

講座

基礎から一歩進んだ深層学習トピックス—開講にあたって
近藤 一晃
基礎から一歩進んだ深層学習トピックス—I—表現学習と自己符号化器
大山 航

第68巻 第1号 目次

「システム/制御/情報」 第68巻 第1号
「鉄鋼プロセスにおける計測制御システム技術」特集号

巻頭言

新年のご挨拶
佐藤 宏介

展望

鉄鋼プロセスにおける計測・制御・システム技術
岡本 陽・中田 武男・岸 真友・玉置 久

解説

鉄鋼プロセスにおける温度計測技術の開発事例
剱持 光俊
厚鋼板製造プロセスにおける冷却制御
橘 久好
鉄鋼製品の超音波探傷技術
上田 佳央
CPSを活用した製鉄プロセス革新
山口 収
鉄鋼業における生産計画・物流システムへの最適化・シミュレーション技術の適用事例
吉成 有介・小林 敬和・森 純一・吾郷 正俊・楢崎 博司・岩谷 敏治

編集後記

「鉄鋼プロセスにおける計測制御システム技術」特集号を企画して
藤崎 泰正

学会活動

第9回アイサイ企業見学会開催報告
三宅 寿英

第67巻 第12号 目次

「システム/制御/情報」 第67巻 第12号
「急速に発展するリアルタイム分散システム」特集号

編集前記

「急速に発展するリアルタイム分散システム」特集号を企画して
石居 憲法

解説

分散リアルタイムシステムとしての車載制御システム
高田 広章・松原 豊
分散システムを支えるネットワーク技術
下西 英之・村田 正幸
MQTTによる疎結合IoTシステム
坂野 遼平
ロボットシステム向けのプラットフォーム技術と組込み/IoTコンピューティングへの展開
高瀬 英希
Autoware: オープンソース自動運転ソフトウエア
加藤 真平・安積 卓也

講座

移動体の群制御—VI—シープドッグシステムに学ぶ群移動体の機動的誘導制御:1を以て100を操る制御法の創成
角田 祐輔

国際会議の報告

The 11th International Symposium on Adaptive Motion of Animals and Machines (AMAM 2023) in Kobe(開催報告)
大須賀 公一

学会活動

第67回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'23)開催報告
中山 万希志

第67巻 第11号 目次

「システム/制御/情報」 第67巻 第11号

解説

PLCとMATLAB/Simulinkの連携利用によるシステム制御
三谷 祐一朗・上 泰・梶村 好宏
仮想同期発電機の過電流抑制制御
小岩 健太・残間 忠直・劉 康志
FPGAと高速AD変換器を用いたマルチサンプリング制御によるパワーエレクトロニクスの超高速・ロバストなデジタル制御系の実現
横山 智紀
メトリックグラフを用いたネットワーク構造物内部の状態の解析手法
岩崎 悟
非言語情報メディアとしてのコミュニケーションロボット—注視の伝達に関する研究事例
川口 一画

研究活動紹介

近畿大学情報学部 交通情報学研究室
多田 昌裕

アイ・サイ問答教室

無限次元線形システムの可観測性って?
岩崎 悟

システム制御情報学会論文誌

会員の皆様の研究、開発の成果を公表する場として、毎月5篇前後の論文と、数篇の研究速報を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における会員の新しい研究、開発の結果をまとめたもので、学術上または産業上の発展に寄与するものや、学術上・技術上の研究結果を速やかに報告するものを広く受け付け、査読者の御意見に従って採録、不採録を決定しています。

通常号、特集号を問わず、論文・研究速報の投稿は、投稿審査システムにて随時受け付けています。

直近一年間の統計では、論文の投稿から採録・不採録の決定までに平均して4ヶ月強、また投稿から掲載に至るまでおおよそ10ヶ月を要しています(研究速報についてはこれよりかなり速くなります)。ただし、論文特集号や総合特集号では、特定のテーマの論文を集めますので、掲載までの期間が少し変わります。

なお、1988年(第1巻1号)から現在までの論文誌は科学技術振興機構(JST)の J-STAGE にて電子アーカイブ化・電子公開されています。ただし、論文誌刊行後3ヶ月は非公開です。

最新号目次

「システム制御情報学会論文誌」 第37巻 第5号
SCI'23 論文特集号—III

特集論文

健常者のSense of Agency変化時に関連する脳部位,脳波の検討
貝原 光紀・五福 明夫・佐藤 健治
二段階確率計画法とラテン超方格サンプリングを用いた強靭なサプライチェーンネットワーク設計手法の一提案
小林 響生・貝原 俊也・國領 大介・藤井 信忠・渡邉 るりこ・田中 里奈・原 昌史・宮地 優斗・サリッディチャイナンタープーチット

一般論文

2重積分系型ビークル群のためのブロードキャスト制御
藤島 泰郎・東 俊一・有泉 亮・浅井 徹

第37巻 第4号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第37巻 第4号
SCI'23 論文特集号—II/「データと学習による制御」論文特集号—IV

特集論文《SCI'23》

ベイズ最適化を用いたホイールローダの掘削動作設計
村中 宏明・小山 幹・石川 将人
機械学習を用いた個別空調設備の自動制御システムの開発
山崎 高弘・宮坂房千加

研究速報(特集)《SCI'23》

半側空間無視評価のための没入型VRシステムを用いたマルチモーダルセンシング
関口 拓郎・大保 武慶・松田 雅弘・久保田 直行

特集論文《データと学習による制御》

有限オートマトンと経路探索に基づくサイバー攻撃発生時の回復動作の導出
池田 佳輝・澤田 賢治・藤田 淳也・小倉 貴志・阪田 恒晟

第37巻 第3号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第37巻 第3号
SCI'23 論文特集号—I

特集論文

データベース駆動型モデル誤差抑制補償器の一設計
吉田 翔太・脇谷 伸
Semi-contractingな非線形システムの収束特性について
岡谷 嶺央・庵 智幸・藤崎 泰正

一般論文

独居高齢者のための健康見守りシステムの開発--LSTMを利用した行動認識
尾崎 匠・原田 篤

第37巻 第2号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第37巻 第2号

論文

ポート・ハミルトン形式によるヘビ型ロボットの関節角経路追従制御に関するロバスト性解析
近藤 暖浩・有泉 亮・浅井 徹・東 俊一
支点移動幅を考慮した倒立振子のロバスト振り上げ制御
松本 至・木下 大・中山 繁生・吉田 和信
未来地図とグラフ探索を利用した搬送ロボットの制御—グラフを用いた経路生成
松高 亜樹・東 俊一・有泉 亮・浅井 徹

論文誌掲載料金

昨今の物価高が本会の出版事業にも大きな影響を及ぼしています。このような事情により、誌面のA4判化に伴う2001年の価格改定から長年据え置いておりました、システム制御情報学会論文誌の掲載料を2024年4月1日受付分から改定(20%値上げ)することに致しました。会員諸氏におかれましては、諸般の事情をご賢察のうえ、ご理解のほどお願い申し上げます。

改定時期
2024年4月1日新規投稿受付分から
改定後の掲載料

本学会で定める TeX スタイルファイルを用いた場合、掲載料が割引されます。

※カラー印刷を必要とする場合には1ページあたり 24,000円(消費税別)が加算されます。

論文掲載料金表
原稿種別 刷り上がりページ数 掲載料(消費税別)
TeX原稿 非TeX原稿
研究速報 3 ページ以内 48,000円 66,000円
論文 6 ページ以内 84,000円 108,000円
7 ページ 108,000円 138,000円
8 ページ 138,000円 174,000円
9 ページ 174,000円 216,000円
10 ページ 216,000円 264,000円
以降 1 ページ毎 48,000円 54,000円

転載許可の申請について

会誌、論文誌および論文集等に掲載される記事、論文等に関する著作権は、原則として本会に帰属します。

転載をご希望の際は、下記の申請書にご記入の上、事務局までご送付ください。

寄稿・投稿に際して

原稿投稿にあたっては、下記の寄稿投稿規程執筆要項ならびに各手引きをご参照ください。

こちらからまとめてダウンロードすることもできます。また、事務局へご連絡いただいても、投稿、寄稿に必要な書類をお送りします。

学会誌 論文誌
寄稿・投稿の手引き
システム制御情報学会 寄稿投稿規程
システム制御情報学会 執筆要項
TeX 原稿スタイルファイルの使い方
TeX 原稿スタイルファイル(UTF-8)
TeX 原稿スタイルファイル(EUC)
TeX 原稿スタイルファイル(SJIS)
Word 原稿テンプレート
標準表記法(概略版: 5ページ)
標準表記法(詳細版: 20ページ)
人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書
講演論文等をもとにした投稿論文の取り扱い方針
ISCIE Policy on overlapping conference/journal submissions

人を対象とする研究†の論文投稿について

システム・制御・情報に関わる分野において、安心かつ安全な高度産業システム及び社会システムを探求するためには、人を対象とした広範多岐にわたる実証的研究の展開がますます重要となります。人を対象とする研究では、安全確保、人権保護、研究の透明性ならびに研究への社会的合意の確保などの倫理的な対応が必要とされます。

つきましては、ISCIE論文誌への投稿に際し、署名済みの『人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書』に必要事項をご記入の上、論文投稿時に添付するか、郵送・FAX・PDF等で事務局までお送りください。投稿論文一式とこの確認書が揃った時点を、論文受付日とします。

†「人を対象とする研究」とは、人または人由来の材料を対象とし、個人または集団から研究対象者の行動および心身等に関するデータ等を収集して行われる研究をいう。ここでの研究対象者とは、研究を実施される者、または研究に用いられる情報・既存試料を取得された者(いずれも死者を含む)をいう。

トップに戻る