学会誌・論文誌

学会誌「システム/制御/情報」

会誌「システム/制御/情報」では、会員の方々のニーズに即した内容の記事を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における国内外の学術・技術に関わる解説記事を始め、学会、研究、国際会議の諸活動、書評、さらにはアイサイ問答などシステム制御情報ならではの記事を企画しています。本会誌では、とりわけ特集号(もしくは総合特集号)に注力し、毎年8回程度の頻度で企画・編纂しています。そのときどきのテーマにふさわしい解説記事を集中して掲載しています。

また、第60巻4号(2016年)以降を 国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) のJ-STAGEにて電子アーカイブを無料公開しております。最新分に関しては、会誌発刊後、一定の未公開期間(6ヶ月)を設けた上で公開しています。以前 CiNiiで公開していた第41巻10号(1997年)~第60巻3号(2016年)については現在移行作業中です。

最新号目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第8号
「製造業におけるビッグデータ活用—現状分析と将来展望」特集号

総説

プロセス産業におけるデータ活用
加納 学

解説

確率推論を用いた石油精製プロセスにおける事故の予兆分析とリスクアセスメントシステム
北村 章・片田 直伸
鉄鋼製品の品質管理へのデータサイエンス適用とデータサイエンティスト育成
茂森 弘靖
ビッグデータを活用したAIごみ焼却炉運転支援システム
藤吉 誠
建設機械稼働データを活用した稼働状況の見える化と顧客価値の創造
高村 藤寿・西澤 泉
世界の製造業におけるデータ活用のベストプラクティス—IoT・AI を活用しデジタルトランスフォーメーションへ
金井 啓一

編集後記

「製造業におけるビッグデータ活用—現状分析と将来展望」を企画して
岩谷 敏治

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—IV—筋電図・眼電図の計測,処理と解析
小野 弓絵

第62巻 第7号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第7号
「新世代のプログラミング教育」特集号

巻頭言

第62期会長に就任して
松野 文俊

総説

わが国の情報教育—初等教育から大学教育まで
ゲストエディタ 喜多 一

解説

初等・中等教育の新教育課程で変わる情報教育
兼宗 進
初等教育における構築主義を用いたプログラミング教育
阿部 和広
中学校における計測・制御の学習で身につけさせたい知識と能力
紅林 秀治
大学の一般教育としてのプログラミング教育
布施 泉
高等教育における低年次プログラミング教育
中尾 基・大町 侑平

編集後記

「新世代のプログラミング教育」特集号を企画して
田熊 隆史

分科会報告

スマート・フレキシブル・オートメーション (SmFA) 研究分科会2017年度報告
貝原 俊也・國領 大介

会報

第62巻 第6号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第6号
「システム設計への事象駆動アプローチ—応用と展開」特集号

解説

Application of Supervisory Control Theory with Warehouse Automation Case Study
Yuta Tatsumoto, Masahiro Shiraishi and Kai Cai
PLC のためのモデルベースホワイトリスト
澤田 賢治
形式的制御系設計—時相論理仕様とゲーム理論的アプローチ
潮 俊光・榊原 愛海
交替模倣関係に基づく遷移システムのフィードバック制御
高井 重昌

編集後記

「システム設計への事象駆動アプローチ|応用と展開」を企画して
山崎 達志

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—III—心電図の計測,処理と解析
小野 弓絵

アイ・サイ問答教室

事象駆動型制御—賢く手を抜く節約術
林 直樹

書評

横幹〈知の統合〉シリーズ〈知の統合〉は何を解決するのか モノとコトのダイナミズム(横幹〈知の統合〉シリーズ編集委員会編/東京電機大学出版局)
今井 紘

第62巻 第5号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第5号

解説

01二次計画に対する乗算と浮動小数点演算を使わない高速列挙解法
森 耕平
機械学習技術が拓く食習慣の情報化
橋本 敦史
経路積分解析と統計的サンプリングを用いた非線形確率最適制御問題の解法
佐藤 訓志
確率近似法の停止則
和田 孝之・藤崎 泰正

アイ・サイ問答教室

事象駆動で考えてみよう
山崎 達志・和田 孝之

研究活動紹介

神戸大学3Dスマートものづくり研究センターにおける研究活動
貝原 俊也

国際会議の報告

2017 ACM Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO2017) に参加して
半田 久志

学会活動

第49回ストカスティックシステムシンポジウム (SSS'17)
深山 幸穂

第62巻 第4号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第4号
「制御システムセキュリティ—脅威と対策」特集号

編集前記

「制御システムセキュリティ—脅威と対策」を企画して
宮本 俊幸

解説

制御システムに対する脅威—自動車における事例
倉地 亮
STAMP/STPAによるシステム安全・セキュリティ解析
福澤 寧子
車載システム開発における形式手法実践の現状と課題
青木 利晃
制御システムセキュリティ技術としてのモデルベース縮退運転システム
澤田 賢治
次世代プロセスオートメーションとセキュリティ
橋本 芳宏
制御システムに対するサイバー攻撃の早期認識技術
高橋 信

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—II—ブレイン・コンピュータ・インタフェース
田中 聡久・東 広志

第62巻 第3号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第3号
「振動を消す・振動を活かす」特集号

編集前記

特集号「振動を消す・振動を活かす」を企画して
南 裕樹・和田 孝之

解 説

空圧式除振装置と磁気軸受に対する周期振動の補償
中村 幸紀・涌井 伸二
液体タンク搬送におけるスロッシング制振制御
浜口 雅史
モード連成を利用した自励発振型マイクロレゾネーターによる超微小質量計測
藪野 浩司
振動を利用した巧みな物体操作—ピザマニピュレーション
東森 充
磁歪式振動発電デバイスによる電池不要IoTの実用化展開
上野 敏幸

国際会議の報告

2017 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics の報告
小橋 昌司

学会活動

スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会での展示報告
東 善之

第62巻 第2号 目次

「システム/制御/情報」 第62巻 第2号
「アイサイ研究者のための音声情報処理ソフトウェア入門」特集号

編集前記

特集号を企画して
鈴木 基之

解説

マイクロホンアレイを用いた音源定位・分離ソフトウェア入門
中臺 一博
汎用大語彙音声認識ソフトウェア入門
李 晃伸
隠れマルコフモデルに基づく日本語音声合成ソフトウェア入門
大浦 圭一郎・橋本 佳・南角 吉彦・徳田 恵一
音声を用いた生体認証技術,話者照合ソフトウェア入門
塩田 さやか
統計的声質変換ソフトウェア入門
戸田 智基・小林 和弘

講座

非侵襲生体信号の処理と解析—I—脳波の計測と信号処理
田中 聡久

学会活動

第5回アイサイ企業見学会開催報告
井村 誠孝

システム制御情報学会論文誌

会員の皆様の研究、開発の成果を公表する場として、毎月5篇前後の論文と、数篇の研究速報を掲載しています。システム、制御、情報の各分野における会員の新しい研究、開発の結果をまとめたもので、学術上または産業上の発展に寄与するものや、学術上・技術上の研究結果を速やかに報告するものを広く受け付け、査読者の御意見に従って採録、不採録を決定しています。

通常号、特集号を問わず、論文・研究速報の投稿は、投稿審査システムにて随時受け付けています。

直近一年間の統計では、論文の投稿から採録・不採録の決定までに平均して4ヶ月強、また投稿から掲載に至るまでおおよそ10ヶ月を要しています(研究速報についてはこれよりかなり速くなります)。ただし、論文特集号や総合特集号では、特定のテーマの論文を集めますので、掲載までの期間が少し変わります。

なお、1988年(第1巻1号)から現在までの論文誌は科学技術振興機構(JST)の J-STAGE にて電子アーカイブ化・電子公開されています。ただし、論文誌刊行後3ヶ月は非公開です。

最新号目次

「システム制御情報学会論文誌」 第31巻 第8号

論文

多目的最適化の重み係数設定支援のこころみ
小林 敬和・達 亮祐・玉置 久
資源の融通を考慮した協調的線形生産計画
西崎 一郎・林田 智弘・関崎 真也・古見 耕次郎
CMG搭載宇宙機の多目的駆動則設計による姿勢制御
佐々木 貴広・下村 卓・金田 さやか

第31巻 第7号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第31巻 第7号

論文

Hybrid Optimal Tracking Control for Linear Continuous-Time Systems by Simultaneous Optimization Approach of System States and Mode Distributions
Gou Nakura
無線LAN端末間の送信時間の公平性を達成するアクセス方式
諏訪下 敦規・稲井 寛
速度関数の最適化による車両の経路追従制御
宮崎 剛司・北原 晃輔・岡島 寛・松永 信智

第31巻 第6号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第31巻 第6号

論文

Stochastic Dynamic Modeling of Human Visuomotor Tracking Task of an Unstable Virtual Object
Shigeki Matsumoto, Katsutoshi Yoshida and Munehisa Sekikawa
Use of Reflection Coefficients of Burg's Method for Improvement of Visual Support Way in Pronunciation Practice
Ryosuke Karigome and Izumi Hanazaki
水平連続焼鈍炉の炉内雰囲気動特性のモデル化と水素比制御
崔 溶雨・萩原 朋道・李 圭澤
顧客の意見を取り入れた量産部品の仕様決定手法に関する研究
杉之内 将大・貝原 俊也・藤井 信忠・國領 大介
緩やかな変化を考慮した粒子群最適化による太陽光発電システムの最大電力点追従制御
志賀 大輔・若佐 裕治・中村 龍

第31巻 第5号 目次

「システム制御情報学会論文誌」 第31巻 第5号
SCI'17 論文特集号—II

特集論文

Spectral Orderingに基づく共クラスタ構造の視覚化とその特徴
佐古 拓也・本多 克宏・生方 誠希・野津 亮
マルチチャネル型能動騒音制御の統計力学的解析
邨田 朋生・梶川 嘉延・三好 誠司
論理知識型AIに基づく自動運転のための危険予測システムの構築と評価
橋本 康平・石田 裕太郎・市瀬 龍太郎・我妻 広明・田向 権
ハーモニックポテンシャルフィールドに基づく機体周囲の情報を用いたクワッドロータの誘導制御
本仲 君子・渡辺 桂吾・前山 祥一

論文誌掲載料金

本学会で定める TeX スタイルファイルを用いた場合、掲載料が割引されます。

※カラー印刷を必要とする場合には1ページあたり 20,000円(消費税別)が加算されます。

論文掲載料金表
原稿種別 刷り上がりページ数 掲載料(消費税別)
TeX原稿 非TeX原稿
研究速報 3 ページ以内 40,000円 55,000円
論文 6 ページ以内 70,000円 90,000円
7 ページ 90,000円 115,000円
8 ページ 115,000円 145,000円
9 ページ 145,000円 180,000円
10 ページ 180,000円 220,000円
以降 1 ページ毎 40,000円 45,000円

転載許可の申請について

会誌、論文誌および論文集等に掲載される記事、論文等に関する著作権は、原則として本会に帰属します。

転載をご希望の際は、下記の申請書にご記入の上、事務局までご送付ください。

寄稿・投稿に際して

原稿投稿にあたっては、下記の寄稿投稿規程執筆要項ならびに各手引きをご参照ください。

こちらからまとめてダウンロードすることもできます。また、事務局へご連絡いただいても、投稿、寄稿に必要な書類をお送りします。

学会誌 論文誌
寄稿・投稿の手引き
システム制御情報学会 寄稿投稿規程
システム制御情報学会 執筆要項
TeX 原稿スタイルファイルの使い方
TeX 原稿スタイルファイル(EUC, tar + gzip)
TeX 原稿スタイルファイル(SJIS, zip)
Word 原稿テンプレート
標準表記法(概略版: 5ページ)
標準表記法(詳細版: 20ページ)
講演論文等をもとにした投稿論文の取り扱い方針
ISCIE Policy on overlapping conference/journal submissions
人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書

人を対象とする研究†の論文投稿について

システム・制御・情報に関わる分野において、安心かつ安全な高度産業システム及び社会システムを探求するためには、人を対象とした広範多岐にわたる実証的研究の展開がますます重要となります。人を対象とする研究では、安全確保、人権保護、研究の透明性ならびに研究への社会的合意の確保などの倫理的な対応が必要とされます。

つきましては、ISCIE論文誌への投稿に際し、署名済みの『人を対象とする研究の論文投稿に際しての確認書』に必要事項をご記入の上、論文投稿時に添付するか、郵送・FAX・PDF等で事務局までお送りください。投稿論文一式とこの確認書が揃った時点を、論文受付日とします。

†「人を対象とする研究」とは、人または人由来の材料を対象とし、個人または集団から研究対象者の行動および心身等に関するデータ等を収集して行われる研究をいう。ここでの研究対象者とは、研究を実施される者、または研究に用いられる情報・既存試料を取得された者(いずれも死者を含む)をいう。

トップに戻る